Cryptofan’s blog

IMOグローバルパートナーによるIMO紹介ブログ

【登録から参加まで】IMOプレセール参加マニュアル完全版

f:id:cryptofan:20200305234904j:plain
IMO Exchangeが実施するIMOプレセール、興味あるけど何から始めれば分からないという友人に、私のブログのエントリーをいくつか送ったのですが、「そこさえ見れば最初から最後までただ従うだけで良い様な手順にして欲しい」とリクエストいただいたので、てっとり早くIMOプレセールに参加したいという方向けに一気通貫マニュアルを作りました。なるべく画像を多めにして分かりやすい手順になるように心がけます。

また、私自身や友人の操作を見て、いくつかのハマりポイントが分かったので、注意点も合わせて記述します。

上から順に主要なステップごとに見出しを分けたので、完了していないステップから始めれば大丈夫です。

事前準備

  • IMOウォレットに送るためのUSDT, USDM, ETH資金 
  • PC -> IMO Exchange用 
  • スマホ -> IMOウォレット用

IMO Exchangeへのアカウント登録 (PCでの作業)

1. こちらから取引所のページを開きます。

2. 携帯電話番号あるいはメールで登録することができます。パスワードを決めたら利用規約を確認の上、同意できる場合は登録ボタンを押します。

 

f:id:cryptofan:20190919195950p:plain

 

3. すぐに登録した携帯電話あるいはメールに確認コードが送られてくるので、入力して決定ボタンを押します。もし間に合わなかった場合は再度確認コードを送り直してください。

 

4. これで登録は完了ですが、アカウント保護の為、2段階認証は必ず設定しておきましょう。画面上部メニューの右側の人の形をしたアイコンをクリックすると、アカウント設定ページになりますので、Google Authenticator登録を行ってください。

f:id:cryptofan:20190925212157p:plain

f:id:cryptofan:20190925212739p:plain

 

IMO ウォレットのインストールとアカウント登録 (スマホでの作業)

こちらからIMO ウォレットアプリをインストールします。アプリをインストールした後、ユーザーを登録する際には招待コードが必要となるので、0D01C3F6 をコピーしておいてください。

f:id:cryptofan:20191226125342p:plain

 

アンドロイド端末をお使いの場合は、[Android]-[Install]とタップします。

f:id:cryptofan:20191226125745p:plain

 

iOS端末をお使いの場合ですが、まだIMO ウォレットはApple Storeへの登録申請中とのことですので、まずはTestFlightアプリをインストールし、完了後にIMO ウォレットをインストールします。

f:id:cryptofan:20191226130237p:plainf:id:cryptofan:20191226130258p:plain

 

f:id:cryptofan:20190925214932p:plain

3.  アプリが起動できたらIMOウォレット用のユーザーを登録します。

右下のアカウントメニューをタップして、

f:id:cryptofan:20190925215151p:plain  

 

ログインをタップします。

f:id:cryptofan:20190925215212p:plain

 

新規登録ページでは、まずはメールか電話で登録を行います。

ニックネーム:お好きなニックネームを入力

認証コード入力:メール/電話番号を入力し、[コード送信]を押すと確認コードがそのメール/電話番号に届きますので、それを入力します。

招待コード:IMOウォレットは誰かからの招待がないと登録できないようになっているので、0D01C3F6を入力します。

 

f:id:cryptofan:20190925220017p:plain

 

入力が完了したら新規登録ボタンで登録します。

 

IMO ウォレットでの追加認証と支払パスワードの設定 (スマホでの作業)

追加認証と支払パスワードの設定を行います。これらはIMO参加条件になっているようで、これを忘れるとIMOセール中に購入ボタンを押した際に設定を要求されてしまい、設定している間にトークンが売り切れることがあります。(私の事です汗)

アカウントページの自分のニックネームをタップするとKYC設定画面になります。ウォレットでのアカウント登録時にメールか電話番号の一方で登録したと思いますが、追加認証としてもう一方の認証を行います。登録すると同様に確認コードが送られて来るので、そのコードを入力すれば認証完了です。

 

f:id:cryptofan:20190925225058p:plain

続いて支払パスワードを設定します。

 

f:id:cryptofan:20190925230825p:plain

[パスワード設定]-[支払パスワードを設定]とタップして、支払パスワードを設定します。設定後に”支払パスワードを修正”になっていれば完了です。

f:id:cryptofan:20190925231100p:plain

なお、今のところIMOトークン購入時にGoogle認証の設定は必須ではありません。設定している場合、IMO参加時に支払パスワードと共に入力を求められます。

 

IMOウォレットへのBTC/ETH/USDM/USDT(ERC20)の送金 (スマホでの作業)

IMOプレセールはBTC/ETH/USDM/USDTのいずれかで購入することができます。IMOプレセール参加前にIMO ウォレットへの入金が必要です。

以下ではUSDMを例にしますが、BTC, USDT, ETHでも手順は同様となります。

 

IMO ウォレット側のUSDM入金アドレスを確認します。アプリを起動し、[資産]-[入金]とタップします。

f:id:cryptofan:20190928212457p:plain


通貨選択画面では[USDM]をタップします。

f:id:cryptofan:20190926160321p:plain

 

USDMの入金アドレスを確認し、このアドレスにUSDMを入金します。

f:id:cryptofan:20190926160516p:plain

入金が完了したらウォレット上で残高が反映されていることを確認します。

f:id:cryptofan:20190926212332p:plain

 

IMOウォレットでのIMO参加! (スマホでの作業)

IMOウォレットにUSDMを入金したら、後はIMOプレセールの開始を待つばかりです。次のプレセールラウンドの開始は下記のニュースページか、公式テレグラム、あるいは公式ツイッターなどで知ることができます。私も(常にでは無いですが)ツイッターでお知らせしています。

https://www.imoex.top/noticeInfo/3681

このマニュアル執筆用にラウンド3と4の購入時の様子を記録したのでそれを元に手順を紹介します。

 

1.アプリを起動し、IMOのページをタップすると、IMOプレセールのラウンドごとの開催日時が分かります。

f:id:cryptofan:20190926213512p:plain

なお、開始時間前にタップしても下記のようなメッセージが表示されて見ることはできません。 ※9/30のアップデートで出ないようになりました。

f:id:cryptofan:20190923210523p:plain


2. 開始時間になったら、まずIMOページで下にスワイプして、画面をリフレッシュしてください。

f:id:cryptofan:20191018085353p:plain

 

画面をリフレッシュして参加するプレセールをタップすると開催中のプレセールの進捗が見られるようになります。ここですかさず[購入]をタップします。

f:id:cryptofan:20190926214152p:plain

3. 購入資金の通貨を選択します。

f:id:cryptofan:20191026220547p:plain



 

4. 購入するトークンの枚数を入力し、[購入]ボタンを押します。

f:id:cryptofan:20190927191653p:plain

購入枚数が正しいことを確認をしたら[購入]をタップします。

f:id:cryptofan:20190927191847p:plain

 

5. 支払パスワードを入力、あるい指紋/顔認証(iPhoneであればTouchID)等で認証します。

※これはHCEの時に撮った画像ですが、支払パスワードのイメージを掴めるように貼っておきます。

f:id:cryptofan:20190927063714p:plain

 

6. [購入完了]とメッセージが表示されたら購入完了です。

f:id:cryptofan:20190927192108p:plain

7. トークンの詳細を確認すると、購入枚数の10%がアンロックされた状態になっているかと思います。

f:id:cryptofan:20190926215333p:plain

 

お疲れ様でした。これでIMO参加までの一連の手順は完了です。この後、アンロックされたトークンはIMO Exchangeに送金して売却することができます。 

 

IMOウォレットからIMO Exchangeへの送金 (PC/スマホでの作業)

IMO ウォレット上でアンロックされているトークンを売却するには、トークンをIMO Exchangeに送る必要があります。

以下ではIMOトークンを例に説明しますが、どのトークンも同様の手順です。入金アドレスは通貨ごとに専用のものがあるので間違えないようにご注意ください。

まずはPCにてIMO Exchange側のIMOトークン入金アドレスを確認します。 ログイン後[資産]メニューをクリックし、

f:id:cryptofan:20190925234532p:plain

IMOの行の[入金]をクリックします。

f:id:cryptofan:20190929195108p:plain

IMOの入金アドレスが表示された状態で、IMOウォレット側の操作に移ります。

f:id:cryptofan:20190929200002p:plain

[資産]-[出金]とタップします。

f:id:cryptofan:20190929200633p:plain

 

[IMO]をタップします。

f:id:cryptofan:20190929201156p:plain

IMO送金画面にて、右上のQRコードスキャンボタンをタップするとQRコードリーダーが起動します。先ほどのIMO Exchange側のIMO入金アドレスのQRコードをスキャンすると送金先アドレスが入力されます。

送金するIMOトークンの枚数を入力し、[送金]をタップします。

f:id:cryptofan:20190929204142p:plain

[送金成功]と表示されたら完了です。稀に”資産送金一時停止”とエラーになることがありますが、その場合は時間をおいてから試してください。

f:id:cryptofan:20190929204419p:plain

送金後、取引履歴にて処理状況を確認することができます。IMOトークンの送金には時間がかかることが多いので、気長に待ちましょう。

f:id:cryptofan:20190929204709p:plain

 

IMO Exchangeに着金すると通知、e-mail、 携帯電話でお知らせがきます。

ハマりやすいポイント一覧

  • 追加認証と支払パスワードを設定していない場合、IMO参加時に設定を求められます。
  • 顔認証や指紋認証にすると支払パスワードの入力時間を短縮できます。
  • Google認証を設定している場合、IMO参加時に支払パスワードと共に入力を求められます。
  • ラウンドごとの販売価格は事前に公開されるので、あらかじめ購入したい枚数を計算しておくと良いと思います。購入時に枚数超過や残高不足になるのを防げます。
  • アンロックされた10%分のトークンをIMO Exchangeに送る際には手数料がUSDMで必要になります。
  • プレセール開始時間になって画面をリフレッシュしないと、購入画面に進みません。開催情報をタップしても何も起こらない時は画面をスワイプしてリフレッシュしてください。
  • IMO ウォレットはしばしばアップデートがあります。認証が切れていたり、アップデートのために起動しない場合は一旦アプリを削除して、再度こちらよりIMO ウォレットをインストールしてください。

 

以上です。

  

免責事項 

投資は自己責任・余剰資金で行ってください。当サイトに掲載された内容によって生じたあらゆる損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

Copyright © 2019 Crypto Fan All Rights Reserved.